親族として結婚式に出席!服装ドレスの注意点

結婚式 披露宴 出席

親族として出席する結婚式での服装の注意点!

家族・親族の結婚が決まったとき、

喜びや驚きとともに、

結婚式

「何を着て出席すれば良いか」

と心配になる方も

いらっしゃるでしょう。

今回は、親族として出席する

結婚式に着ていく服装について

ご紹介していきます。

結婚式の主役ではありません!

まず、言うまでもないことですが、

貴女は結婚式の主役ではありません。

「何が何でも、主役の新婦より

キレイだと思ってもらおう」

なんて、間違っても企ててはいけません。

家族や兄弟である本日の主役は

あくまで新郎新婦ですからね。

結婚式に出席してくださる

お客様に対して、家族として、

接待する側だということを

忘れないでください。

結婚式 出席 振袖

親族として結婚式に出席するときは和服が基本

さて、親族の結婚式に出席する際の

基本的な服装は、和装・着物です。

貴女が未婚でしたら振袖がベストでしょう。

既婚の場合は、黒の留袖か、

色留袖ということになります。

ただし、未婚の場合で、

振袖が微妙な年齢(失敬)の場合、

貴女としては悩みどころですよね。

また、既婚の女性の場合で、

小さなお子様も一緒に

出席するとなると

子供を静かにさせるのに

留袖を着てなどいられない

場合も考えられます。

そのような場合は、

洋装にしてしまいましょう。

いわゆるドレスですね。

結婚式 出席 和服 着物

親族として結婚式に出席するときのドレスは?

先にもお話ししましたが、

親族として結婚式に出席する場合、

貴女はお客様ではありません。

あくまで、

お客様をお迎えする側

だということを

念頭に置かなくては

いけないのです。

なので、華やかである前に、

落ち着いた印象を与えるような

服装選びを心がけてください。

結婚式 出席 ドレス

親族として結婚式に出席するときのドレスの素材と色

さて、ドレス選びですが、

素材としては、

シフォン素材がオススメです。

優しい印象で、なおかつ

目立ちすぎない感じを

出しやすいからです。

色合いとしては、

黒や濃いめの色

選択しましょう。

その場合、光沢のある素材の

ものも良いかもしれません。

決して、

明るい色のドレスを着ていってはダメ!

ではありませんが、少なくとも

白のドレスだけは避けましょう

当日の照明の具合などで

「妙に目立ってしまった」

などの失敗談も聞きますので、

ダークカラーを選んでおくと

失敗しない選択になると思います。

親族として結婚式に出席するときのまとめ

親族として結婚式に

出席するときの服装選びを

ご紹介しました。

基本は、和服(着物)ですが、

状況によっては、

ドレスを用意するようにしましょう。

小さなお子さんがいらっしゃる場合は、

動きやすさも重要です。

そういった事も含めて、

服装選びをすると

失敗のない結婚式への出席が

できるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク