結婚式で避けたいNGドレス

結婚式 ドレス マナー

結婚式にお呼ばれしたら、

「さあ、何を着ていくか」

と気合十分になりますよね。

でも、ちょっと待ってください!

パーティーには、服装のマナー

ドレスコード)があります。

今回は、結婚式にお呼ばれした

時に守るべき服装マナーをご紹介します。

結婚式でNGな服装

まずは、結婚式や披露宴、

ウェディングパーティー

でNGな服装の基本を覚えましょう。

白系のドレスはNG

結婚式や披露宴では、

白系のドレスを着て良いのは、

花嫁(新婦)だけです。

これは、花嫁特権です。

それから、気をつけなくては

いけない点としては、

ベージュや薄いピンク、

クリーム色のドレスも避けましょう。

照明のしっかりした披露宴会場や

写真撮影では、光が多く当たりますので、

白に見えてしまうケースがあります。

また、上半身に羽織るものも

白系は避けましょう。

披露宴では、実際は座ったままで、

周りの人からは上半身しか見えません。

これでは、白を着ていったのと

なんら変わりません。

ファー素材の入ったドレスや小物はNG

動物を殺生して作られた

イメージの強い

革製品や毛皮は、

おめでたい席である

結婚式にはふさわしくありません。

最近では、花嫁のドレスに

ファー素材のボレロを合わせたり

するケースも増えていますが、

あくまでゲストとして

これらの使用は避けましょう。

肩出し・ミニ丈のドレスはNG

肩出しやミニ丈のドレス、

それにタイトなものは避けましょう。

新婦より目立たないように

配慮することも大切ですし、

下品な印象を持つ方も

いるかもしれません。

幅広い年齢層の方が出席される

結婚式ですから、

露出の高いドレスはNGとなります。

その他のNGな服装

チャイナドレスなど

他国の民族衣装はNGです。

民族衣装として許容されるのは、

日本の和装(着物)だけとなります。

また、バイカラーのドレスも

原則としてNGとなります

フォーマルの基本は、

あくまで単色無地です

それに、2色使いのドレスは

「わかれる」という意味につながり、

結婚式ではよろしくありません。

結婚式のNGドレスまとめ

結婚式でNGなドレスについて

ご紹介しました。

今回の内容は

あくまで基本です。

これらを踏まえて、

ご自身でアレンジして

いただけばと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク